匠の問題解決

社会保険労務士 しげたに事務所

TEL.058-276-7632

岐阜県羽島郡岐南町みやまち1-161
外国人技能実習生等の扶養控除

外国人技能実習生等の扶養控除

このエントリーをはてなブックマークに追加

岐阜県には沢山の外国人技能実習生がいます。技能実習生が本国に子供や妻(夫)といった扶養親族がいる場合、昨年まではそれを証明する書類を要せず扶養控除を受けることができました。自己申告の世界ですから、本人が悪知恵を働かせばそれを確認するすべはなく、水増しすることができたわけですが、今年からはそれができなくなりました。扶養親族として適用要件を満たしているか確認できる書類の添付がなければ認められなくなりました。具体的には、「親族であることを証明するための親族関係書類」や経済面で面倒を見ていることを証明する「送金関係証明書類」です。

経営者の方は、本人が不満を持たないよう制度変更について十分な説明をし、必要な負担をさせる必要があります。また、本人が親族に送金することで扶養親族とする場合であっても、過分な送金で、あとで親族間のトラブルが生じたケースもありますので、その辺のアドバイスをしてあげることも必要かと思います。

岐阜の元気企業の匠 社会保険労務士重谷一郎公式サイト

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です